ニーサで投資ができる期間

ニーサとは、投資において一人あたり最大で500万円まで非課税になるという制度です。少額からでも始められる投資が増え、個人投資がしやすいようにと2014年から始まった制度です。通常であれば所得税や住民税など、20%以上も課税される投資の利益ですが、ニーサの口座なら非課税ですので0%です。ニーサ口座を開設できる期間は導入から10年間、2023年までです。非課税となるのは一人あたり年間100万円、5年間が上限となっていますので、ニーサで投資ができる期間は2028年までということになります。
口座を開設できるのは満20歳以上で当然ながら一人1口座まで、非課税対象となるのは株式や株式投資信託の配当や譲渡益などです。口座を開設する際は、本人確認のため、住民票が必要であり、そのほか申請書等を提出します。
例えば2014年にニーサで口座開設をすると、2014年に投資した100万円の非課税枠は2018年年に終了します。しかし2015年に新たに100万円、2016年に100万円と毎年100万円まで新たに非課税枠がありますので、ある年における非課税枠は500万円になります。2018年に非課税枠が終了する100万円を、新たに設けられる非課税枠に移すことが可能ですので、最長で10年間まで非課税枠にすることができます。2015年の100万円はその次の年の非課税枠に移行する、というようにすれば、2014年に投資を開始した人は2018年から2023年まで最大500万円、その後非課税投資総額が100万円ずつ減り、2027年には100万円となりますが、そこまで非課税枠を保有することができます。非課税期間をながく保有することは、投資成功の1つのカギとなります。